車査定の基礎知識

車買取の査定後の流れと必要書類について

更新日:

車を売るときは、まずは査定依頼をしますね!そして査定後に納得できる査定額だった場合は車を売ることになると思いますが、その後の流れをしっかりと把握しておくことをおすすめします。

基本的には買取してくれる業者の指示通りに動く事になりますが、ある程度どのような流れで車買取が成立するのかを知っておいた方がスムーズに最後まで進みます。

そこで今回は、車買取の査定後の流れや必要書類について解説していきたいと思います。

車買取に必要な書類と手続きの準備をする

車買取の査定後に実際に買取してもらう業者が決まりましたら、必要な書類と手続きの準備をしていきます。

車買取に必要な書類は普通自動車と軽自動車で異なりますのでご注意ください。

普通自動車の買取に必要な書類

  1. 車検証
  2. 自賠責保険証明書
  3. 自動車納税証明書
  4. リサイクル券
  5. 住民票(住所変更や結婚等で名前が変わった場合は戸籍謄本も必要)
  6. 印鑑証明書
  7. 実印
  8. 売却代金振込口座

普通自動車の買取をしてもらう際は上記の書類が必要になります。

軽自動車の買取に必要な書類

  1. 車検証
  2. 自賠責保険証明書
  3. 自動車納税証明書
  4. リサイクル券
  5. 印鑑(認印可)
  6. 売却代金振込口座

軽自動車の場合は住民票と印鑑証明書が不要になります。

また、印鑑証明書不要なので実印ではなく認印でも可能になります。

車買取査定後に車を売る場合は上記の書類を用意しておきましょう。

また、自動車ローンが残っている場合はその時の状況によって対応が異なりますので、査定してもらう際に業者に伝えるようにしましょう。

自動車ローンの残債がある場合

車を購入する際に現金一括で購入する人も居ますが、ほとんどの人が「自動車ローン」を利用すると思います。

車を売る時に自動車ローンを完済している場合であれば特に問題はありませんが、中には自動車ローンが残っている状態の車を売りたいと言う人も居ると思います。

このような場合はどうすれば良いのでしょうか?まずは以下の内容をチェックするようにしましょう。

自動車ローンが残っている場合の名義人は誰?

自動車ローンを組んで車を購入している場合は、金額によっては「車の名義人がローン会社」の場合があります。

つまり、車が担保になっている場合があると言うことです!

このような場合は勝手に車を売る事はできませんので車検証もしくはローン会社に問い合わせて確認しておきましょう。

自動車ローンが残っている場合は完済する必要がある

買取してもらう車の自動車ローンが残っている場合は完済する必要があります。

自己資金で自動車ローンを完済する

自動車ローンが残っている車を売る時はローンを完済する必要があります。

自己資金で残債額を完済できるのであれば事前に完済しておきましょう。

売却代金でローン残債額を返済する

車を売ったお金で自動車ローンの残債額を返済して完済する事も可能です。

この場合は当然ですが、ローン残債額よりも高値で買取してもらう必要があります。

売却代金では完済できない場合は借り換えするか自己資金を用意する

車の売却代金では自動車ローンを完済できない場合は不足分の自己資金を用意するか、ローンの借り換えをして返済する必要があります。

例えば自動車ローンの残債額が150万円で買取価格が100万円だった場合は50万円フドクしてしまいます。

このような場合は不足分の50万円を別に用意しなければなりません。

自己資金があれば問題ないのですが、無い場合は別途ローンを組んで支払い、自動車ローンを完済する必要があります。

つまり、車を売っても不足分のローンだけ残ってしまうと言うことです。

自動車ローンの残債がある場合で車を売る際は、ローンの完済が条件になりますので、上記で紹介しましたいずれかの方法で完済するようにしましょう。

車を売ると自動車税が還付される!?

意外と知らない人が多いのが「自動車税の還付」になります。

車を売ると自動車税が戻ってきますのでしっかりと受け取るようにしましょう。

自動車税は毎年4月1日時点の所有者に納税義務があり、その年の税金が所有している車の排気量にに応じて課税されます。

自動車税は原則前払いになりますが、翌年の3月31日までに売却する場合は売却した日から翌年の3月31日までの分を月割り精算で返還してもらえるのです。

ただし、3月に売却した場合は税金の還付はありません。

このような自動車税の還付は、基本的に買取業者側で手配してくれますが、何も説明がない場合はこちらから申し出るようにしましょう。

自動車税の目安

車種 自家用 営業用
乗用車
(総排気量)
1リットル以下 29,500 7,500
1リットル超~1.5リットル以下 34,500円 8,500円
1.5リットル超~2リットル以下 39,500円 9,500円
2リットル超~2.5リットル以下 45,000円 13,800円
2.5リットル超~3リットル以下 51,000円 15,700円
3リットル超~3.5リットル以下 58,000円 17,900円
3.5リットル超~4リットル以下 66,500円 20,500円
4リットル超~4.5リットル以下 76,500円 23,600円
4.5リットル超~6リットル以下 88,000円 27,200円
6リットル超 111,000円 40,700円

※この税率表は、自動車税グリーン化特例の適用を受けない自動車の税率の抜粋です。
※自動車税税額表抜粋(出典:東京都主税局)

乗用車の自動車剤の税額は排気量に応じて決まっています。

ただし、排出ガス基準や燃費基準を満たしている場合で、環境負荷の小さい自動車は「エコカー減税」で自動車税金が軽減されます。

一方で新車登録から13年を超える車等の環境負荷が大きい自動車の場合は「税負担を重くする措置」が取られています。

ディーゼル車の場合は11年を超える車が対象になります。

車を売った場合は、上記の税額の月割分が変換されます。税金還付は誰でも受ける事が可能になりますので、買取してもらう業者に確認するようにしてください。

まとめ

車の買取査定の後は必要書類を集めていつでも手続できるように準備しておきましょう。

実際は車を買取してくれる業者がほぼすべて動いてくれますので、あなたは必要書類を用意するだけになります。

また、車を売った後は税金還付を受けるようにしましょう。

-車査定の基礎知識
-, , ,

Copyright© 車買取案内所 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.