車査定の基礎知識

トラブルを防ぐ為に車買取の売買契約書のチェックしておきたいポイント!

更新日:

車買取の査定完了後に査定額に納得できれば「売買契約」を締結することになります。

この時の売買契約内容をしっかりとチェックしておかないと、後々トラブルになる可能性もありますので、しっかりと内容を確認する必要があるのです。

とは言っても我々素人からすると、売買契約書の内容を見たところで何に注意して何を確認すれば良いのか分かりません。

そこで今回は車買取の売買契約書のチェックするべき項目について解説していきたいと思います。

車買取の売買契約書でチェックしたい項目

車の買取にしても不動産の売買にしても契約書と言うものは非常に重要なもので、内容次第ではトラブルにあってんする可能性がありますので、売買契約を締結する前にしっかりとチェックしなければなりません。

売買契約書は、細かい契約条項がずらっと小さな文字でたくさん書かれていて、一見すると読破するのにとても面倒に思えてしまいます。

そのため細かく約款をチェックしない人が多く軽い気持ちでサインをしてしまう人が多くなります。

しかし、その軽い気持ちでのサインが後々痛い目を見ることにもなり兼ねませんので、車を売るときはしっかりと売買契約書の内容をチェックした方が良いのです。

とは言っても全約款を読破するのはとても時間がかかりますし、全ての意味を理解するのは非常に難しくなってしまいます。

ですから、ココだけは押さえておきたいポイントをご紹介しますので、今後車を売る予定があると言う人は頭の片隅に置いておいてください。

ココだけは押さえておきたい車買取の売買契約書のポイント

車買取の売買契約書の内容で押さえておきたいポイントは2点だけになります。

2点だけと言ってもこの2点をしっかり押さえておくだけで後々痛い目を見ることや後悔する事がなくなるので、必ずチェックしておきましょう。

  1. 車買取契約後の減額請求
  2. キャンセルした場合の罰則金

上記の2点は契約後のトラブルの元になりますので、どのような契約内容になっているかしっかりとチェックしておきましょう。

それでは詳細を説明していきます。

①車買取契約後の減額請求

車査定を依頼して査定額に納得すると売買契約を締結することになりますが、この時の契約内容の一つに「車買取後の減額請求」に関する内容があります。

  • 売買契約締結後にキズが見つかったので減額
  • 売買契約締結後に修復歴が見つかったので減額

上記の内容が売買契約に盛り込まれている場合がありますので注意して確認するようにしましょう。

本来はプロが査定する以上車査定のときに見つけられる項目になりますが、人間なので見落とす場合もあります。

そして、車買取成立後に見つかったキズや修復歴を売主が隠ぺいしていたかのように責任をオーナーに課すために売買契約に記載しています。

このような内容を売買契約書に記載したうえで、売主が署名捺印をすれば上記の内容に同意したことになってしまいます。

つまり、減額請求されると言う訳です・・・

ですから車買取の売買契約を締結する際は、上記のような契約内容の記載がないかをしっかりとチェックするようにしましょう。

もし売買契約内容に上記のような内容が盛り込まれているようでしたら、除外してもらうようにしましょう。

除外できない場合は、契約をしないで他店での買取をおすすめします。

②キャンセルした場合の罰則金

車査定を依頼して査定額に納得すると売買契約を締結することになりますが、この時の契約内容の一つに「売買契約締結後にキャンセルした場合の罰則金」に関する内容があります。

車買取の売買契約締結後、いかなる理由があったとしても引き渡しまでに契約をキャンセルした場合は罰則金の支払いが必要になります。

例えば、

  • 売買契約締結後に家族に反対されたから契約をキャンセルした場合
  • 売買契約締結後にキズがあるから減額と言われたから契約をキャンセルした場合
  • 売買契約締結後に他店の方が買取額が高い事を知ったから契約をキャンセルした場合

このような場合が該当します。

上記のような理由で、車買取の売買契約締結後に契約をキャンセルすると罰則金が発生します。

もし売買契約内容に上記のような内容が盛り込まれているようでしたら、除外してもらうようにしましょう。

除外できない場合は、契約をしないで他店での買取をおすすめします。

以上が車買取の売買契約書のチェックするべき項目になります。おそらくほとんどの人が契約書内の買取価格のチェックはするけど、こういった細かい内容まではチェックしないと思います。これが意外な落とし穴となり、車買取成立後に痛い目を見ることもありますので、しっかりと上記の2点が契約書内に盛り込まれていないかをチェックするようにしましょう。

車買取でトラブルを避けたい!安心して車を売るための業者探しについて

車査定、車の買取を行っている業者は全国に数えきれないほどたくさんあります。

優良な業者もあれば悪徳な業者もありますので、車を売るときは注意が必要になります。実際上記の契約条項を巡ってのトラブルが全国でも多発していて、「一般財団法人自動車公正取引協議会」でも過去の事例が数多く掲載されています。

そしてこのままでは被害者が増え続ける事になりますので、一人でも多く被害者を減らす為に立ち上げられた団体が「JADRI(日本自動車流通研究所)」になります。

このJADRIに加盟している中古車買取業者に依頼することで、上記のようなトラブルを回避することが可能となり、安心して愛車を売却することが可能となります。

JADRIに加盟するには厳しい審査があり、審査に通過した業者だけが加盟を許されますので、優良な業者だけが加盟している団体になるのです。

でもどこの中古車買取業者がJADRIに加盟しているかを探すのは大変ですよね・・・

そこで思いつくのが「JADRIに加盟していなくても大手ディーラーの下取りなら安心して車を売れる!」だと思いますが、これは必ずしも正しい選択とは言い切れません。

なぜなら、大手ディーラーの下取り価格は中古車買取業者の査定額と比較すると圧倒的に安くなってしまうからです。

たとえ新車への買替目的での下取であっても、高額査定には期待できないのが現状になります・・・

つまり、車を売るなら買取業者が最も高価買取をしてくれると言うことです。

ですから、車の買取ならJADRIに加盟している中古車買取業者に査定依頼するのがベストなのです!

「でも業者を探すのが大変・・・」

と思っている人も多いと思いますが、実は簡単にJADRIに加盟している業者を見つける方法が一つだけあるのです!

その方法は、JADRIに加盟している業者だけが参加している車買取一括査定を利用することです!

車買取一括査定のサイトはたくさんありますが、唯一かんたん車査定ガイドだけが参加業者全てがJADRIに加盟している業者になります。

車買取一括査定を利用することで、複数の業者に査定依頼でき、業者同士が勝手に競合し合うので自動的に査定額も高くなっていきます。

つまり、かんたん車査定ガイドを利用することで、トラブルなく車を売ることができて、さらに買取価格も大幅にアップすると言うことなのです!

しかも車買取一括査定は完全無料で利用することができますし、出張査定になりますのでわざわざ中古車買取店へ車に乗って出向く必要はないのです。

ですから、車買取でトラブルを避けたいと言う方や安心して車を売りたいと言う方は、JADRIに加盟している業者だけが参加しているかんたん車査定ガイドを活用してみてください。

>>かんたん車査定ガイドの公式サイトで詳細を確認する

まとめ

車買取だけではなく売買契約を締結する時はしっかりと契約内容をチェックする必要があります。

小さな字が大量に書かれているので、ほとんどの人が面倒くさがってチェックをしません。

しかし、重要な部分のチェックをしないために、売買契約締結後に痛い目を見ることもありますし、後悔してしまう場合もあります。

そうならないためにも、車買取の売買契約締結時は上記のポイントは必ずチェックするようにしてください!

-車査定の基礎知識
-, , , , ,

Copyright© 車買取案内所 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.