車査定の基礎知識

車査定とは?実は車の査定方法は3パターンある!?

更新日:

車の査定方法には大きく分けると3パターンあります。

車を売る時は、それぞれの方法によって査定額が大きく変わってきますので注意が必要になります。

そこで今回は3パターンの車の査定方法について解説していきたいと思います。

車査定とは?

車査定とは、車を売る際に中古車買取専門の業者か査定士に買取金額を決めてもらうことを言います。

簡単に言いますと、売りたい車を業者に調査してもらい買取してもらえる金額を算出してもらうための作業と言うことになります。

つまり車査定とは、車を売る行為ではなく「車の買取価格を算出してもらうだけ」と言うことです。

ですから、査定依頼したから必ず車を売らなければならないと言うことは一切なく、査定額に納得いかなければ断ることも自由なのです。

車査定の方法は3パターンある

車査定と一口に言っても、査定方法は大きく分けると3パターンあります。

  1. ディーラーによる下取査定
  2. 業者による車買取査定(店舗査定)
  3. 業者による車買取査定(出張査定)

①ディーラーによる下取査定

ディーラーにより下取査定は最も多くの人が利用する車買取査定になりますが、最も損をしてしまう査定方法になります。

ディーラーの下取り価格は中古車市場の買取価格の半値ほどの価格での買取になりますので、おすすめの方法ではありません。

②業者による車買取査定(店舗査定)

業者による車買取査定を店舗で行う方法になります。

最も一般的な車査定の方法になりますが、近所にある中古車買取業者だけの査定になってしまいますので、最高額で車を売るには少し物足りません。

③業者による車買取査定(出張査定)

業者に自宅もしくは指定場所まで無料出張してもらい査定をしてもらう方法になります。

最近利用者がが増えてきていて最も高額で買取してもらえる査定方法になります。

インターネットを利用したサービスで車買取一括査定を利用すれば、近所に中古車買取業者がなくても最大10社まで同時に査定依頼できるので業者を探す手間が省けます。

しかも、業者同士が競合しますので最高額での買取に成功しやすい査定方法になります。

査定方法の比較表

  ディーラー下取査定 店舗査定 出張査定(車買取一括査定)
査定額 低い そこそこ高い 最高額
手軽さ 手軽 面倒 手軽
アフターケア 良い ふつう ふつう
トラブル 安心 ふつう ふつう
メリット 手間がない 高額査定 最高額査定
デメリット 最安査定 業者探し 電話連絡
おすすめ度 ★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★★★

3パターンの査定方法を比較すると上記のようになります。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、最高額で車を売るなら車買取一括査定を利用して出張買取してもらうことをおすすめします。

車査定で買取価格を決めるのにチェックする項目

車査定で買取価格を決める時にチェックする基本的な項目があります。

  • メーカー
  • 車種
  • ボディカラー
  • 走行距離
  • エンジンの状態
  • 車外の状態(キズ・ヘコミ)
  • 車内の状態(汚れ・ニオイ)
  • 車検の有無(有効期間)
  • エアコンの調子
  • ナビ・オーディオ機器の動作
  • 社外パーツ
  • オプション品
  • 修復歴

車査定では必ず上記の項目をチェックします。

例え同じ車種であっても走行距離やボディカラーで査定額は変わりますし、キズやヘコミの状態でも大きく査定結果は異なります。

上記項目を参考に自分の愛車のプラスになるポイントを把握しておいて、査定時に業者に伝えることで買取価格をアップさせましょう。

まとめ

車の買取査定は3パターンあり、それぞれにメリットとデメリットがありますが、最高額で車を売りたい場合は「車買取一括査定」をおすすめします。

車買取一括査定ならわざわざ中古車買取業者を探して1件1件回る必要がなく、出張買取してくれますのでて間もなく気軽に利用できます。

しかも、業者同士が競合しますので必然的に買取価格が高くなります。

少しでも車を高く売りたい場合は査定方法にご注意ください。

-車査定の基礎知識
-, , ,

Copyright© 車買取案内所 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.